格安スマホ比較 ラインもワンセグも使えて携帯代安くなる!?通信制限なし無制限で使い放題モバイルは?

シムフリー人気ランキング 無制限で通信制限無し、通話通信使い放題のモバイルは?

 

DMM mobileのデータSIMプランなら月々660円から(1GB)

 

お得なキャンペーン実施中なので切り替えタイミングです。

 

SIMフリーを選ぶなら、断然おトクな格安スマホがDMMmobileです。

 

スマホでインターネットをよく閲覧する

 

電話よりLINE等のSNSをよく使う

 

毎月の携帯電話、スマホ使用料金を安くおさえたい方にはDMMがおすすめです。

 

 

DMM mobile 詳細

 

 

 

U-mobileは格安で使える高速データ通信サービスで、

 

どこでも快適で、従来のスマホと変わらない速度です。

 

さらにエリアでつながるから快適!

 

種類が豊富に選べるので最新のiphoneやドコモ端末、SIM動作確認端末は100種類以上にもあります。

 

ネットはもちろん使い放題で驚きの安さ。LTE使い放題プランで通信料を気にせず安心して使えます。

 

 

 

 

Y!mobileのスマホなら

 

通話もメールも電話も使い放題で月額2,980円(税抜)!!

 

「Nexus 5」や「DIGNO T」等がMNPで端末価格実質0円キャンペーン中です。

 

人気機種「Nexus 5の32GBモデル」や「DIGNO T」等、

 

ドコモ、auからの乗り換え(MNP)+スマホプランM選択で

 

端末価格が実質0円になるキャンペーンをしているので、チェックしてみてください。

 

 

Y!モバイル 詳細はこちら

 

格安スマホ比較 ラインもワンセグも使えて携帯代安くなる!?SIMフリーの格安スマホ体験談

格安スマホ比較 ラインもワンセグも使えて携帯代安くなる!?通信制限なし無制限で使い放題モバイルは?

スマホを購入したいと思い、電気屋さんへ携帯電話を見に行きました。

 

iphoneを初め、スマートフォンを購入し利用すると漁料金はなかなか痛い出費です。

 

スマートフォンの値段だけでも7万円近いものがするのと、月々の携帯代金は7000円ほどかかっています。

 

その状況を変えるためにSIMフリーのスマホを購入しました。

 

長所は、電気屋さんで使い切りの10GBのSIMが販売されていたので、購入し10GB分を使用すると役目を終えるというものです。

 

利用料金も意識しながらスマホを利用することができること。

 

 

そして、SIMフリーなので海外に持っていくことがあっても、海外では主流であるSIMを購入するだけで日本からもってきた携帯を利用できるシステムを活用することが出来るのが魅力です。

 

機種代金が高いご時世ですので、海外に滞在する限られた時間内のためだけに携帯電話を購入するのはもったいないので良い思います。

 

海外では主流のSIMフリーはゆくゆくは日本も主流となる時代がもう間近に迫っていると思います。

 

実際に、電気屋さんでも、海外製ではありますがSIMフリーのスマホなどが平気で発売されていますし、需要もありますので、

 

 

アップルショップ限定で飯場されているSIMフリースマホを購入する人も増えているのではないでしょうか?

 

携帯代を意識ながら利用分を実感できるこのスタイルが私は好きで、取り入れています。

U-モバイル利用体験談

格安スマホ比較 ラインもワンセグも使えて携帯代安くなる!?通信制限なし無制限で使い放題モバイルは?

従来のスマホは高単価機種が勢揃いの時代でした。

 

今やパソコンの代わりになるものという位置づけもあってか、一代の携帯電話で7万円ちかい本体代が発生しているものもあります。

 

そのあと、各電話会社では複数の割引プランが用意されていますので、どこが得なのか?結局は高額な本体代と通信費用を払っていることが最近はばからしくなりましたが、しかし、一度スマホを利用した経験からいまさらガラケーにすることは不便さを感じてい
ます。

 

そんな時に、格安スマホが登場し、新時代の幕開け感じさせました。

 

格安スマホでは、今までネックであった通信費が大幅に改定されました。

 

6000円ほどしていた携帯の通信費が2980円ほどに抑えて利用できるようになります。

 

 

 

1GBのプランなど、自分の利用量に合わせてプラン設計が行えるので、自分に適切な価格を支払って携帯ライフを楽しめる実感がもてるのが良いと思います。

 

また、ガラケーなどと同じでメールの受信は無料で、送信に関しては3円ほどの料金となります。

 

なので、従来のスマホやガラケーに比べると大きな不便さを感じることは少ないので、私はSIMを差し込むだけで利用できるU-モバイルはおすすめの最新プランといえます。

格安スマホとは

格安スマホとは、その名の通り従来のスマートフォンよりも安い年弾で、本体や、料金設定など利用できるようになっている

 

スマートフォンとなっています。

 

 

 

従来のスマートフォンですと、携帯会社において料金設定や、通信料、プランなどがほぼ横並びのような状況であったのですが、

 

そのようなサービスの質の良しあしが出にくい状況を狙ったところに、新規参入してくる会社が安い値段でスマートフォンを提供しようとしたのが始まりです。

 

 

 

格安すまふぉを販売している会社は、自身の会社で専用の通信回線を持た内容にしており、

 

今の状況でも存在している主要携帯会社の回線をレンタルしています。

 

それによって、自社で回線を作るようにするよりもコストを抑えられますので、その分をスマートフォンの通信料金などを安く抑えられるように

 

販売できているのです。

 

 

 

いままで、スマートフォンの料金を見てスマートフォンの購入をためらっていた人たちにとって、購入がしやすいようになることが期待されています。

 

また、ライトユーザーやはじめてスマートフォンを利用する方にとっては利用しやすいような料金設定になっているため

 

そちらの方々にはかなりおすすめであるというようになっているのです。

私が使った格安スマホについて。

僕が現在使っている格安スマホは、「UQモバイル」でその前はSo-netの格安スマホを使っていました。

 

僕が格安スマホを使う前はauのスマートフォンを使っていいましたが、

 

auのスマートフォンとUQモバイルを比べると同じauの回線を使っているのですが月額料金が安く、

 

回線の通話品質(通話中に雑音や途切れたりすること。

 

は全く変わらず、なのに料金は安いというのは格安スマホのメリットです。

 

通話料金が気になる人は、LINEでんわや楽天でんわと言ったアプリを使った通話のがいいと思います。

 

そして、ほとんどの人が気になると思われるのがパケット通信のデータ通信量。

 

僕が現在使っているUQモバイルは月2GBも使えるんです。

 

それでも足りないという人には、若干通信スピードが落ちると思いますが、データ通信量が無制限というプランもあります。

 

何よりUQモバイルの格安スマホは、

 

先ほど書いたようにauの回線を使っているので全国で普通のauのスマートフォンのようにスイスイとインターネットを早いスピードで使うことでき通話も問題なく使うことができます。

 

そして、この格安スマホはauのSIM(LTE)を使っているため、

 

普通のauの4GスマートフォンにSIMカードを差し替えるだけで

 

auの機種を使う事もできおサイフケータイが対応の機種であれば使うことも出来ます。

 

気になる料金は、UQモバイルの場合は通話機能付きで、約2000円からとお手頃です。

 

僕としては、今後も格安スマホを使い続けたいと思います。