格安SIMカード人気ランキング

格安SIMカード人気ランキング

電話など音声通話を主体とする人と

 

データ通信をメインにする人で、

 

選ぶべき格安SIMカードは変わってきます。

 

格安SIMカードのランキングを見る時も、自分がどちらを使うことが多いかを考えて選びましょう。

 

まず、音声中心のランキングです。

 

 

第1位はDMMモバイルの通話SIMプランです。

 

月額1,577円です。

 

大手キャリアよりも格段に安く設定されています。

 

データ通信も1GB付いています。

 

通話料は30秒で21.6円です。

 

 

第2位は、IIJmioみおふぉんミニマムスタートプラン

 

月額料金はDMMより少し高くなります。

 

データ通信が3GB確保されているので、選択の参考にしてみてください。

 

使用している時はどこのキャリアでも変わりはありません。

 

縛りが2か月と短いIIJmioが人気の高いポイントです。

 

 

第3位はNifMoです。

 

月額費用はIIJmioと変わりません。

 

公衆Wi-Fiサービスが無料ですから、これに魅力を感じている人も多いのでしょう。

 

 

 

次にデータ通信でのランキングを紹介しましょう。

 

第1位はOCNモバイルです。

 

月額料金は972円です。

 

データ通信に限定した格安SIMカードは

 

それぞれ軒並み1,000円を切っています。

 

料金だけなら音声通話をあきらめると言う考えもありますが、

 

DMMモバイルはデータSIMプランも提供しています。

 

スマホのキャリアによって、

 

どのようなユーザーを対象としているかを知るといいのではないでしょうか。

 

ランキングの順位ばかりを見るのではなく、その内容を確認することが大切です。

 

目先の金額も重要ですが、使用して便利だと感じなければ意味がありません。

 

これからも格安SIMカードはたくさん登場しますし、サービスもどんどん変わっていくでしょう。

 

 

simカード人気ランキング情報 価格比較とおすすめは

 

現在ではMVNO業者の数も増え、それに伴いsimカードの選択肢も幅を広げています。多数の選択肢があることでピッタリの一枚を選び出すことができますが、しかしながら沢山あり過ぎて反対に迷ってしまうこともあるものです。

 

どのようなsimカードが人気なのかと言えば、基本料金の安さとデータ通信量のバランスが良い物が売れ筋です。格安simにシフトする多くのユーザーの中には安さを求めている人が多いですが、しかしながら実用性が低いのも困るとする人も目立ちます。そこで売れ筋なのが千円台半ばの料金でありながら、月に3GBのデータ通信が可能なプランです。月々の負担を抑えつつ、インターネットにも余裕を持って楽しむことができる内容ですので、費用を抑えつつも快適に使用したい人に打ってつけと言えます。

 

なお、このくらいの価格帯で通信量にもゆとりがあるプランはMVNOの各社から提供されています。似たようなプランですからどこを選んでもそれなりの満足感はあると思われますが、各社で特徴のあるサービスを用意していますので、サービス内容も考慮しながらマッチするところを見付けることが大切です。

 

例えば業者によってはポイントが貯まりますから、それを毎月の支払いに使用して節約をしたり、あるいは提携しているショッピングサービスでの買い物に使ったりすることも可能です。付加価値によってもっとお得感が大きくなるところあるため、サービス内容をよく比較しながら判断した方が良いでしょう。

 

売れ筋のプランとしては、月々の負担は2千円台とアップするものの、6GBのデータ通信が可能なプランも人気が高いです。ライトユーザーからすると3GBでも十分なことがありますが、もう少しゆとりを持ちたいという人からすると物足りなさを感じることもあるはずです。

 

特に外でアプリやインターネットをよく使う場合ですと、あっという間にデータ量を消費することもあります。従来のスマートフォン契約のようにデータ量を気にせずに使いたいという時には、6GB程度の余裕があると安心です。それでも大手キャリアを利用している時よりも断然安く済みますから、節約効果も大きいと言えるでしょう。

 

ところでsimカードと言えば、通話ができるカード以外にも、データ通信専用のカードもあります。そして、もっとデータ通信には余裕を持ちたい、でも月々の料金は抑えたい時にはデータ通信専用カードを選ぶのも一つの選択肢です。

 

例えば3GBのデータ通信が可能でありながら、千円を切る価格で持つこともできます。電話番号を用いた通常の通話ができなくなってしまいますので不便があるものの、しかしながら通話アプリを利用すれば電話機能を使うことも可能です。そのため通話機能は必要ではないという時には、割り切ってデータ通信専用のカードを使用するのも良いでしょう。また、端末によってはデュアルsimにも対応していますから、いっそのことでsimカードを複数枚契約してしまう方法もあるのです。

 

スマートフォンユーザーの中には、最低限の機能が使えれば良いという人もいると思われますが、そういった人に適したsimカードもあります。月々の負担は千円台前半でありながらも、最低限のデータ通信も可能なプランです。

 

これはデータ通信の速度が抑えられた契約で、インターネットをする時にも低速ですのでサクサクと利用することはできません。

 

しかしながらその分、利用料金は安めとなっていますから、簡単なメールチェック程度ができれば良いという人に打ってつけです。通話については問題なく可能ですから、電話機能で不便を感じることもないでしょう。

 

それでもインターネットを快適にできない分、実用性としては低くなる可能性がありますが、ただ工夫次第で快適性を高めることも可能です。自宅ではWi-Fiを利用すれば遜色なく快適なインターネットができますし、外でもWi-Fiスポットがありますから、場所によってはインターネットが高速で楽しめます。どこでも自由にインターネットができないという不便さこそあれど、工夫を凝らすことで実用性もアップするはずです。

 

このようなプラン以外にも各業者によって様々な契約方法が用意されています。細分化されたプランを扱う業者もありますから、ジャストフィットする使い方も可能です。

 

simカード選びで失敗をしないためには、どのような使い方をしたいのか考えてみることが大切と言えます。人それぞれで使い方に希望があると思われますが、その点を踏まえて選択していかないと適切な業者を選ぶことができません。

 

また、サービス内容の詳細もよく比較してみた方が良いでしょう。基本的なサービスだけでなく、各業者で異なる特徴にもスポットを当てることでより明確な判断を行えるようになります。中には所定の契約期間を満たさないと解約時に違約金が掛かるところもありますから、一発でピッタリのプランや業者を見つけ出すようにしましょう。