格安SIMカードの仕組みと値段の安さの秘密

格安SIMカードの仕組みと値段の安さの秘密

 

携帯電話会社の通信回線を借りて

 

一般消費者にサービスを提供することができるようになりました。

 

ここ最近では格安SIMカードがたくさん出回るようになりました。

 

その格安シムカードの仕組みを持つ企業をMVNOと言います。

 

日本語ではMVNOを仮想移動体通信事業者と呼びます。

 

通信回線を持たずにサービスを提供する会社と言うことですね。

 

人の土地を借りてアパート経営をするイメージがわかりやすいですね。

 

ただ、携帯電話会社と同じサービスをしても利益は出ません。

 

そのため、MVNOは、サービス内容を工夫しています。

 

MVNOの工夫が消費者にも利益となるのです。

 

 

かくして、格安SIMカードはこうして登場しました。

 

最初から安くなるサービスとして登場したので、MVNOは安さを競っています。

 

インターネットの価格比較サイトを見ると、

 

値段が安いばかりが注目されますが、

 

価格も大事ですが、提供されるサービスをしっかりと確認することが大切です。

 

せっかく格安シムに変えたが、通話ができない、

 

速度制限が手間など

 

いくつかの問題もあります。

 

携帯電話の大手であるNTTドコモを利用するMVNOだけではなく、

 

大手のIIJ、NTTコミュニケーションズなども通信回線を持っています。

 

格安SIMカードを選ぶ時には、どこの通信回線を使用しているかもチェックしてみることをオススメします。

 

 

 

どこの通信回線でも同じと思いがちですが、

 

 

通信速度や圏外になる範囲が違います。

 

ただし、MVNOや格安シムの仕組みを詳しく理解する必要はありません。

 

自分が選んだ格安SIMカードでできるサービスの内容を理解するのが最優先です。

 

データ通信だけでいいと思うなら、音声通話ができなくても問題ありません。

 

データ量によって利用料が変わってきます。

 

 

格安スマホ 制限なしでおすすめはどれ?シム比較で一番使いやすいのは

格安スマホは毎月の使用料が非常に安く利用できるので最近人気が高まっており、また利用できる端末も増えていることからこれまでの大手の通信会社に比べ使いやすいとして多くの人が利用しています。

 

しかし格安スマホの多くは通信速度が低く、かつ通信制限が設定されていることが多いため、動画を見たりインターネットアクセスが非常に多い人にとっては使いにくいものであると言う印象もあります。

 

最近では通信制限なしと言う会社も出てきていますが、その中には様々なメニューがあり料金体系もそれぞれ異なるため自分にとって使いやすいものを選ぶのは簡単なことではありません。嘘のため最も使いやすいものを選ぶためには自分の使い方をよく理解し、この使い方に対して十分なサービスを提供してくれるところを選ぶのが最も良い方法です。

 

 

通信制限がかけられる理由は様々ですが、一般的には高速で通信できる上限を設定し、その上限までは快適に利用できる反面、この上限を超えると極端に速度が遅くなると言う仕組みのものが多くなっています。そのため大量に動画を見たり、インターネットアクセスを行いパケットの使用量が増えると、極端に通信速度が遅くなり動画などを見た場合に快適に見ることができなくなってしまうという現象が発生します。最近ではインターネットに接続し行うゲームも非常に増えていますが、これらのゲームにおいても通信速度が遅くなるとリアルタイム性が損なわれ、快適に利用できなくなると言う問題が発生することもあります。

 

 

格安スマホの会社の中には、極端な高速通信ができない代わりに通信制限がないと言う会社もあります。この場合日常的に動画を見る人には適さないと言う印象もありますが、実はこのような通信会社の速度は動画を見る程度の速度であれば10分に快適に楽しめるような速度を実現していることが多いのです。またこのような通信会社の場合には通信速度が遅いために極端に短時間でパケット使用料が大きくなることがないため、実際にはほとんどストレスを感じず、また極端にパケット使用量が増えることも無いので常に快適に利用できると言う効果があります。

 

 

最近ではこのような方式を採用して通信制限がないと言うキャリアも非常に増えています。通信速度が速くまた通信制限がないため快適に利用できるサービスとしてWiMAXがありますが、 WiMAXは実は提供されているサービスにおいてはそれほど通信速度は速くないため、実際にはパケット使用量が極端に増加することがなく、通信制限のある通信会社と比較しても通信料は通信制限の数値を下回る程度しか利用できないことになるのです。ただしこの速度であっても動画を閲覧するには必要十分な速度が確保されているので、実際に利用する際に不自由を感じる事はなく、また制限を気にせずに利用できるところから非常に使いやすいサービスとなっています。

 

 

格安スマホを選ぶ人の多くは毎月のスマホの料金を安くしたいと言う人がほとんどです。格安スマホの通信会社も価格を安くし良質のサービスを提供するために様々な工夫を行っており、通信制限もその方法の1つとなっています。大手通信会社では通信品質を重要視し非常に高速の通信速度を維持する代わりに、料金が割高になっていることが多いのですが実際にはその通信速度を常に必要とする人は少なく、高額な費用を支払っていると言う人も少なくありません。一方格安スマホの場合には通信速度に一定の制限を加える代わりに料金を安くすることでそのバランスを保っている面があります。

 

 

これは格安シムの場合にも同じで、通信速度の制限と料金は比例する関係にあると言えるものになっています。そのため利用できるパケットの量が多いほど価格は割高になる傾向がありますが、実際には通信可能速度と実際に利用できる速度は異なるものになるため、自分が利用するサービスの使用するバケットの量に応じたサービスを選択することが最も大切になるのです。

 

 

格安シムの通信会社のサービスは大きく分けて2つに分かれるものです。 1つは高速の通信速度を一定のデータ量までは確保し、これを超えたときに極端に通信速度を低下させると言う方法です。この場合には高画質の動画を見る人には適していますが、インターネット上で高画質の動画を頻繁に見ると言う人は少なく、また実際にこのような高速な通信が必要な動画はそれほど公開されていないものです。

 

 

一方もう一つは通常の利用速度をさほど拘束にしない代わりにデータ通信の制限をなくしている会社です。この場合高画質の動画を見る場合にその画質が低下することがありますが、一般的に利用されている動画配信においてはさほどストレスを感じる事はありません。そのためどちらを対応するかによって通信会社を選ぶことができるようになるのです。

 

一般的に多くの人はさほど高速な通信が必要ない利用環境で利用していることが多く、通信制限で極端に速度が低下したときに使い勝手の悪さを感じることから、普段の速度は多少遅くても通信制限のない通信会社を選ぶ方が向いていると考えられる面があります。